2016年12月8日

手作りシュトーレン

stollen00

クリスマスが近づいてきましたね。
今年は我が家でもクリスマスに向けてドイツのお菓子シュトーレンを焼きました。
ドイツではクリスマスを待つ間に少しずつスライスしながらいただくとか。
最近は日本のパン屋さんやお菓子やさんでもよく見かけますよね。

stollen01

今回はクオカの『手作りシュトーレンセット』を使って作りました。
生地の発酵があるので少し時間がかかりますが、工程は難しい作業もほとんどなく意外と簡単に作れますので、手作りシュトーレンはおすすめです。

またこのシュトーレンセットには、必要な材料が計量されて入っているので、とても使いやすいです。
入っているのは、準強力粉、アーモンドプードル、インスタントドライイースト、シュトーレンフルーツミックス、シュトーレンスパイスミックス、アーモンドホール、製菓用特細目グラニュー糖、粉糖です。
フルーツミックスはフルーツケーキなどでいつも愛用しているうめはらのフルーツミックスが入っていました。

用意するのは家庭に普通にあるもので、牛乳、バター、塩、卵です。
焼き型も必要なく、手で成形できます。

stollen02

レシピは箱の裏面に写真付きで丁寧に説明されているので安心して作れます。
一箱には17×8センチサイズ2本分の材料が入っています。

2等分にする際にすこし大きさが違ってしまいましたが、綺麗に成形でき、焼き上げることができました。

stollen03

焼き上がりには溶かしバターを染み込ませ、お砂糖も熱いうちにグラニュー糖をまぶし、冷めてから粉糖をまぶしています。

断面もとっても綺麗ですよね!!
少しずつスライスするのが楽しみになります。

日持ちするのでラッピングして贈り物にしても可愛いですよね。
サイズも贈り物に丁度良いサイズです。

日が経つにつれてドライフルーツの甘みが生地に染み込んでしっとりしてきますので、焼いた当日よりも数日ほど寝かせた方がより美味しくいただけます。

今年のクリスマスは、シュトーレンをご家庭で手作りされてみてはいかがですか?
素敵なクリスマスの思い出がひとつ増えることと思います。