2017年5月26日

ふっくら小豆入り抹茶パウンドケーキ

macchapound_00

初夏の心地よい季節になりましたね。
新緑に包まれていると、なぜだか色鮮やかなグリーン色をした抹茶のお菓子が作りたくなります。

そこで、ふっくら小豆の入った抹茶パウンドケーキを作りました。

 macchapound_01

使用した抹茶は京都宇治抹茶パウダー萌葱です。
開封したとたんに抹茶の爽やかで清々しい香りが漂ってきます。
生地との混ざり具合もよく、しっかり鮮やかなグリーンが生地に色付きます。
焼き菓子などにとっても向いている抹茶パウダーだと思います。

 macchapound_02

ふっくら小豆は国産鹿の子大納言を使用しています。
この商品は使いやすくてとても美味しいので何度もリピートしています。
甘みも程よくて抹茶との相性は抜群です。
そのままいただいても美味しいですよ!
粒も大きくてしっかりしていて、生地に混ぜ込んでも潰れることがなく、さらに生地にまんべんなく混ざります。
焼き上がりにカットした際には、その断面がとてもきれいです。

macchapound_03

焼型はスリムパウンド型を使用しました。
スリムパウンドを使用して出来たパウンドケーキは、見た目もオシャレなのでプレゼントにはピッタリです。
また、カット後は一切れが程よいサイズになり、子供にも食べやすいサイズになります。

今回は2本出来上がったので、 1本は自宅でティータイムにアールグレーと一緒にいただき、もう1本は友人におすそ分けしました。

macchapound_04

最後に簡単にレシピをご紹介しますね。
レシピはフランスの伝統的なお菓子キャトル・キャールをアレンジしました。
キャトル・キャールとはバター、小麦粉、砂糖、卵を同じ分量で作る焼き菓子です。

*材料(スリムパウンド型2個分)

  • バター 120g
  • 小麦粉(製菓用薄力粉ソフィーチェ) 105g
  • 宇治抹茶パウダー 15g
  • ベーキングパウダー 3g
  • 卵 120g
  • 砂糖 120g
  • 大納言 150g

*準備

  • 材料を室温にもどす。
  • 粉類をまとめてふるっておく。
  • 型に分量外のバターを塗り、紙を敷いておく。
  • オーブンを170度に予熱する。

*作り方

macchapound_recipe01

1.バターをボウルに入れ、ホイッパーでクリーム状になるまで混ぜる。
2.1に砂糖を少量づつ数回に分けて入れすり混ぜる。

macchapound_recipe02

3.2にほぐした卵を数回に分けて入れる。
4.粉類を2回に分けて入れ、ゴムベラで混ぜ合わせる。
5.小豆を加えてざっくりと混ぜる。

macchapound_recipe03

6. 生地を口金なしのしぼり袋に入れ、型に絞り出す。
7. 170度に予熱したオーブンで35分ほど焼く。