2017年7月28日

ダークチェリーぎっしりのアメリカンマフィン

cherrymuffin00

夏休みの朝食とおやつ用にアメリカンマフィンを作りました。

cherrymuffin01

アメリカンチェリーの缶詰を使ったチェリーがぎっしりと詰まったマフィン。
チェリー缶でよく使用するのが、このアメリカ産のダークスィートチェリーです。

粒が大きめで揃っていて、枝や種も取り除いてありますので、子供が食べる際にも安心です。
味は甘さ控えめで、マフィンやパイの生地や、クラフティーなどの甘めのアパレイユとも相性がいいです。
もちろん、そのまま食べても美味しいですよ。

今回は、生地に混ぜ込むものは一粒を3等分程度にカットし、
マフィンの表面には贅沢にも一粒丸ごと飾りました。

カットしたチェリーは混ぜる時に触れ過ぎると汁気が生地に移ってしまい、
生地がチェリー色に染まってしまいますので、
生地と混ぜ合わせる時はざっくりと混ぜ合わせています。

cherrymuffin03

今日はマフィン型を使用せず、ペーパーカップで焼き上げました。
ストライプのデザインが涼しげで夏らしさを演出してくれます。
お店で可愛い柄のカップを見つけるとついつい購入してしまいます。

このカップは数年ほど前に一目惚れして購入したものです。

cherrymuffin04

夏の暑い時期でも、美味しそうな焼き色のマフィンは食欲をそそります。
焼きたてはマフィンは、口に入れるとホロホロと崩れて、まだ少し温かいチェリーが美味しいです。

翌日は、冷倉庫で少し冷やすと、しっとりしたマフィンとひんやりと冷えたチェリーを楽しむことができますよ。

マフィンは中に入れるものを変えると様々なバリエーションが楽しめますので、
お好みのものを入れて楽しんでくださいね。